熊本のホームページ制作・WEBサイト作成会社 株式会社アクトプラス

BLOG

Microsoft Edgeで、フォームのhistory.backで入力データがクリアされる件について

2019-04-11(Thu)|category:日記

タイトル通り、Microsoft Edge利用時にフォームに入力後、エラー画面や確認画面からのhistory.back(ブラウザの戻る含む)で、さきほど入力したデータが全部消えてしまうという現象を確認した。

結論からすると上記は「拡張子がphpの入力フォーム」をEdgeで利用すると起きる現象のもよう。

以下にサンプルフォームを2つ用意した。

内容はソースをみるとわかる通り、フォーム側でinput内容を送り、受取側はPOST内容を表示させているだけのシンプルなものである。もちろん拡張子が違うだけで内容はまったく同じものである。

それぞれをEgdeにて「入力・送信・戻る」の一連の作業を行い確認してほしい。
「php」の方だけが、名前欄に入力した内容が消えているのがわかる。

Egde登場時にも同じ現象が起こっていたらしく、その際は「ラジオボタンとチェックボックスが外れる」というものだったらしいが(その際の拡張子は不明)、現在のバージョンだと完全に内容がクリアされてしまっている。

現状解決策は見つかっておらず、一応「ブラウザのバグ」ということで片づけてしまおうと思っているが…(いいのか!?)何か進展があったら追記していく予定。

ちなみに企業向けサイト(平均5,000pv/日)での集計では、Egde利用は約9%と結構な比率がある。(それ以上にまだIE利用率が40%以上もあることに驚いた。やはりお役所や企業ではまだまだIEなんですよね)